EITHER OR PUNE

プネーを愛するデザイナーの作るインディアンテイストファッション

エイザー・オアー ショーウィンドーは季節の行事にあわせていつもすごくきれい




今日は私の大好きなお店を紹介しましょう。
私の身の回りの小物やファッションアイテムは大概ここでそろえています。
インドの香がしながらも、製品として完成していて、痒いところに手の届くデザインとアイデア満載のお店です。プネーを訪れたら、ここに行かずにどこへ行く!プネーオリジナルのショップでインドの商品のイメージアップ間違いなしです。

ショーウィンドウ これはキッズのショーウィンドウ

ソーラブホールに入って左側ピザレストランの横にEITHER ORがあります。
ショーウィンドウがいつもきれいに楽しそうに飾られていて、すぐに目につきます。ディワリの時は店の前にたくさんのオイルランプが置かれ、色砂で絵を描き、夜はたくさんの趣味のいい電飾も輝き、本当にセンスがあふれています。
キッズアイテムも充実していて、いつもセンスのよいジョークが織り交ぜられていて親しみ深いです。
我が子もウィンドウの中に興味津々、なかなか離れませんでした。







店内 エントランスを入ってすぐの写真

このお店はプネー出身のデザイナー集団で作っているお店だと聞いています。 プネーを愛し、インド各地のテイストをしっかり保ちつつも洗練されたデザインと機能性を考えて1つ1つ作られています。1点物も多く、次まで考えておこう、、、なんて置いておくと、すぐになくなってしまいます。 手作り感覚の温かみと、どこか都会的なクールさも備えていて一段と魅力的な商品がいっぱいです。

店に入ってすぐは主に雑貨です。上には手作りの時計やオーナメント、バッグなどがあります。壁全面に所狭しとデザイングッズと、プラーニフィルムと呼ばれる、古きよきインド映画のポスターなどが飾られています。左手にアクセサリー、正面にヒンディモチーフのカップや灰皿など、右手に書籍や衣類が置いてあります。

お店の隅々まで細かいものがあるので、たくさん写真を載せたいのですが、店員に写真を撮ってよいかと許可を求めたら「1枚だけね」といわれて、この1枚だけです。
1階はこの奥にどんどんと続いていて、ユニークなステイショナリーグッズやテキスタイルものが置かれています。また2階へあがるとインテリアグッズが置かれています。



ラジャスターン人形 ファミリーバッグ

今日のお買い物で手に入れたものです。
これはファミリーバッグ。スィックの家族の人形がバックの中に入っています。
バックにも表面には家、裏面にはマンゴーの木と井戸、牛と猫がかかれていて、一緒に使って遊べるようになっています。布も厚手でしっかりしていて、手縫いなのですが、コットンがたっぷり入って手触りがよく、土産のつもりで買ったのですが、子供たちに持っていかれてしまいました。
表情がなんとも言えずかわいらしいです。裏側もちゃんと後ろ姿なんですよ。





象さんの人形

そしてこちらは、インドといえば!の「象」です。
色も形もかわいい!そしてなんともいえないのがデザインです。

象のほかにもキリン、ラクダがあります。シリーズ外ではサルやオウムなどもパッチワークで出来たものがあって、それもすごくかわいいです。
これももちろんウッデンブロックスタンプです。
生地もしっかりしてて、身もパンパンです。






次はインディアン・アイコン・シリーズといわれるカップです。
これはヒンディ語の文字、デーヴナーグリーをモチーフにしたシリーズのひとつで、私のお気に入りで毎日使っています。ボーンチャイナなんですよ。

これはボリウッドマグです。
似顔絵なんだけど、微妙です。。。多分、、、かな?みたいな感じで。
このお店結構ボリウッドものも商品にしています。プラーニーフィルムをモチーフにしたクッションや4大カーンをプリントしたノートとか、いろいろあります。

これはガンディーマグ。
ナーグリー文字をピックアップしてるのはガンディーの「ガ」と、下のタージの「タ」だけなのですが、こうしてビジュアルで目につくようにしてあるとすぐに覚えちゃいそうでいいですね。
色もビビットで素敵です。国旗がまたかわいいんです。

これはタージマハルマグです。
これも上と同様、デーヴナーグリーモチーフでインドを代表する偉人や遺跡をピックアップ。
やはり不動な人気で、よく売り切れてます。







草木染シリーズのTシャツです。
インドで草木染のものはよくありますが、何せデザインが斬新でかわいいんです。
左は象さんと蓮の花。
右はフットプリントと最近まではやりだったどくろマーク。(昨年購入)

色や模様もたくさんありますが、草木染め特有のインディゴをはじめ、ちょっとくすんだ暗めの色が多いのですが、デザインがポップで斬新、だいたいスピリチュアル性を盛り込んでいるのが特徴です。



ヒンディモチーフの型押し皮財布

これは私が数年前から愛用しているヒンディモチーフの財布です。
「Aamdani Atthanni Kharcha Rupaiya」というゴーヴィンダとジュヒーの夫婦役の共演の2001年のヒンディ映画タイトルがもじられて刻印されています。
意味は直訳なら「収入は50パイサー、支出は1ルピー」、ま、言って見れば「私の財布は火の車よ〜〜」といってるようなもんですが、店員の説明によれば、それによって無駄遣いを抑制するのが狙いだとか。。。
皮製で使ってるうちにやわらかくなって大分いい感じになじんでいます。シリーズでコインいれやバッグもありました。





そしてTシャツです。これは店では結構力を入れているのか、かなり豊富なデザインと色で展開されています。先ほどの草木染同様スピリチュアルなメッセージが入っています。
大人用はもちろん子供用が豊富にそろっているのもうれしいです。


アラビア文字が素敵(子供の着古し)

I LOVE PUNE

クリシュナ

バガワットギータ

デーヴナーグリー

新聞紙で作られたバッグ

お店全体を通してインドへの愛、誇りを感じます。手作り、民族性、素材感、ナチュラル、エコ思考が定着しています。素材はなるべく天然ものにしたり、店の包装紙は新聞紙を加工しておしゃれに手作りしてあります。
ちょっとしたアクセサリーひとつでも再生された新聞の袋でかわいく包んでくれるのがうれしいです。
お値段も良心的で、決して高くはありません。 センスのよいインドのお土産選びに、もちろん自分の身の回りに!ぜひ行ってみてくださいね。木曜日が定休日です。











icon.gif(2106 byte)

リクシャで行こう!トップページへ
リクシャで行こう!トップへ

インドの風トップページへ
インドの風トップページへ